4月
07
2014

シミ予防に大切なこと

内臓矯正というものは近辺の筋肉や骨により
位置が不安定にあってしまった臓器を
もともと収まるべき場所に戻して臓器の作用を正しくするという治療です。

サンバーンを起こして出来たシミを目立たなくさせようとするよりも、
できてしまわないように事前に防護したり、
肌の奥に潜んでいるシミの子どもをブロックする方が肝要だということを理解していますか。

そこで強い紫外線を浴びたときにダメージを小さくする方法を3つ。
1.日焼けした部分を冷やす
2.たっぷりとローションをつけてきちんと潤いを保持させる
3.シミを防ぐために剥がれてきた皮をむいては絶対に駄目

現代社会で生活している身としては、
体内には人体に良くない影響を与える化学物質が増加し、
又己の体の中でも老化を促進する
フリーラジカルなどが生まれていると報じられている。

内臓矯正(軟部組織マニプレーション)とは
周辺の筋肉や骨格が災いして位置がおかしくなってしまった
臓器を元来在るべき所に返して臓器の作用を向上させるという手当なのです。

たくさん汗をかいて体内の水分の量が減少してしまうと
自然におしっこの量が減らされて
体温調節に欠かせない汗のための水分が溜められるために、
この余剰な水分が使用されないと
実はむくみの原因になると言われています。

頭皮のお手入れはスカルプケア(scalp care)とも
呼ばれているお手入れ方法です。頭皮はヘアの困り事である
「抜け毛」「うす毛」などに深く繋がると供に、

フェイスラインの弛みなどにも影響しているのです。

Leave a Reply