4月
07
2014

皮膚の新陳代謝をUPさせる顔脱毛の魅力

アイラインやマスカラなどの
アイメイクを落とすときに
きちんと落とさなければいけないと
ゴシゴシとこするように洗ってしまった場合、

肌が荒れたり発赤等の炎症を起こして色素沈着が起こり、
目の下の茶色いくまの原因になるのです。

なんとかしたいと考えた挙句に
自己流のフェイシャルマッサージをしてしまう方が
いらっしゃいますが、特に目の下の皮膚は薄いので、

ゴシゴシとこするように力任せにおこなうだけの
乱暴なフェイシャルマッサージであれば悪影響をもたらしかねません。

指で押しても元通りになる弾むような肌のハリ。
これを生んでいるのは、かの有名なコラーゲン、
すなわち蛋白質です。スプリングのようなコラーゲンが安定して
皮ふを支えていれば、お肌はたるみとは無関係でいられるのです。

ほっぺたなど顔のたるみは実年齢より
年上に見られる主因。肌の張りや表情筋と呼ばれる
筋肉の緩みが弛みにつながりますが、その他に
日々の暮らしにおけるちょっとした仕草も原因のひとつです。

無意識にPCの画面に集中してしまい、
眉間にはしわ、更に口角の下がったへの字ぐち
(余談ではありますが、私はシルエットから取って
「富士山口」とも呼んでいます)をしているのでは?

これはお肌にとって最悪です。

左右の口角が下がっていると、
肌の弛みはだんだん進んでいきます。

にこっと口角を持ち上げた笑顔になれば、
弛み予防にもなるし、外見も良くなりますよね。

皮膚の新陳代謝が狂いがちになると、
色々な肌の老化現象やトラブルが起こります。

老けて見られるしわ・シミ・くすみ・目の下のクマ・
フェイスラインがぼやけるたるみ・嫌なニキビ・突っ張るような乾燥など、
書きだしてみればキリがないくらい大変です。

ドライ肌は、肌の角質の細胞間脂質と皮脂の量が
通常の値よりも縮小することで、肌の表皮から水分が揮発し、
肌がカサカサになる状態を示しているのです。

Leave a Reply